神奈川県秦野市平沢557番地
0463-82-4584
国道246号線沿

メニュー

TOP > ニュース

ニュース

有期契約労働者の厚生年金加入について

有期契約の労働者について、現状は雇用期間が2カ月以内の場合、契約期間後も継続雇用されなければ厚生年金に加入できませんが、2カ月を超えて雇用される見込みがある場合、当初から厚生年金に加入するよう見直されることになりました。雇用契約書に「契約が更新される」「更新される場合がある」などと明示されている場合が対象で、令和4年10月から実施されます。...

続きを見る

マイナンバーカードの保険証利用について

令和3年3月よりマイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになる予定です。 マイナポータルからの利用申込については既に始まっております。 医療機関受付での顔認証や、窓口での限度額を超える医療費の一時支払が不要になる等、 通院が便利になります。 パンフレットはこちら...

続きを見る

年金生活者支援給付金制度について

年金生活者支援給付金は、公的年金等の収入や所得額が一定額以下の年金受給者に対し、年金に上乗せして支給されるもので、令和元年10月分より支給が開始されました。 令和2年度において所得額が前年より低下したこと等により新たに支給対象となる方には、年金機構よりはがき型の年金生活者支援給付金請求書が送られて来ますので、提出することにより受給開始となります。 詳しくはこちら...

続きを見る

【新型コロナ】小学校休業等対応助成金の対象期間が令和3年2月末まで延長されます

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金については、休暇等の取得期限が12月31日までから令和3年2月末までに延長される予定です。 詳細はこちら...

続きを見る

【雇用調整助成金】特例措置期限が令和3年2月末まで延長されます

12月末に期限を迎える雇用調整助成金の特例措置、緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について、令和3年2月末まで延長されることになります。 詳細はこちら...

続きを見る

「小学校休業等対応助成金」に係る特別相談窓口開設

11月24日から12月28日まで、全国の都道府県労働局に「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金に係る特別相談窓口」が開設されます。 申請手続きのサポート、申請にかかる相談に加え、労働者からの相談内容に応じた企業への助成金活用の働きかけも行っています。 この助成金は、既に欠勤や年次有休取得として処理された分についても、特別休暇に振り替えた場合は対象となります。 9月30日まで...

続きを見る

70歳までの就業機会確保が努力義務となります

現在、企業は原則65歳までの雇用確保が義務となっていますが、高齢者雇用安定法が改正され、令和3年4月1日より70歳までの就業確保が努力義務となります。 講じるよう努める必要がある就業確保措置は ①70歳までの定年引上げ ②定年制の廃止 ③70歳までの継続雇用制度導入 ④70歳まで継続的に業務委託契約を締結する制度の導入 ⑤70歳まで継続的に事業主が実施・委託・出資等により関...

続きを見る

職場におけるハラスメント防止対策が強化されています

本年6月1日より、職場におけるハラスメント防止対策が強化されています。 この度厚生労働省よりパンフレットが公表されました。 大企業は本年6月1日(中小企業は令和4年4月1日)よりパワハラ防止措置が義務となります。 セクハラ等の防止対策の強化は、事業所の規模を問わず、本年6月1日から施行されています。 パンフレットはこちら...

続きを見る

障害者雇用率の引き上げについて

令和3年3月1日から、民間企業に義務付けられている障害者法定雇用率が、2.2%より2.3%に引き上げとなります。 これにより従業員43.5人に1人の割合で障害者雇用に対応することが必要となります。 リーフレットはこちら...

続きを見る

派遣社員を受け入れるときのポイント

派遣先が派遣労働者を受け入れるときのポイントについて、厚生労働省よりパンフレットが公表されています。 このパンフレットは、期間制限や派遣契約など労働者派遣制度の主な内容を説明したものです。 パンフレットはこちら...

続きを見る