神奈川県秦野市平沢557番地
0463-82-4584
国道246号線沿

メニュー

TOP > ニュース

ニュース

70歳までの就業機会確保における
「事業主が講ずべき措置」について

労働政策審議会職業安定分科会雇用対策基本問題部会において、高齢者の雇用・就業機会の確保に関する議論が行われました。 部会では、事業主が講じる確保措置について次のような内容が考えられると示されています。   ●定年廃止、定年延長、継続雇用制度の導入 ●他の企業への再就職の実現 ●個人とのフリーランス契約への資金提供、個人の起業支援 ●個人の社会貢献活動参加への資金提供 &nb...

続きを見る

在職老齢年金制度の見直しについて

第14回社会保障審議会年金部会での在職老齢年金制度の見直しに関する議論の結果、次の案で概ね了承されました。 今後は、年内に具体策をまとめ来年の通常国会に関連法案を提出する方針です。   【見直しの方向】 ○ 65歳以上 支給停止基準額を47万円から51万円に引上げ ○ 60~64歳 見直し後の65歳以上と同じ51万円に引上げ   【見直しの効果】 ○支給停止...

続きを見る

知っておきたい年金のはなし

年金の制度や仕組みについてわかりやすく解説したパンフレットです。 意外と知らない年金のことをここで再確認してみましょう。 パンフレットはこちら...

続きを見る

労 働 保 険
~労働者をひとりでも雇ったら手続を~

法人・個人にかかわらず、事業主は労働者(正社員・パート・アルバイトなどすべて)をひとりでも雇ったら労働保険に加入しなければなりません。 リーフレットで「加入義務の有無」や「手続きを怠ったときのリスク」などを確認してみましょう。   リーフレットはこちら...

続きを見る

「働き方改革」法改正解説
同一労働同一賃金編

リーフレットで、働き方改革関連法のうちパートタイム・有期雇用労働法を中心に、同一労働同一賃金について解説しています。 チェックリストで現状を確認したり、法施行スケジュールを確認するためにご活用ください。具体的な対応については、社労士にご相談ください。   リーフレットをご覧ください...

続きを見る

「働き方改革」法改正解説
長時間労働是正編

リーフレットで、働き方改革関連法のうち長時間労働是正に向けた法改正内容を解説しています。 チェックリストで現状を確認したり、法施行スケジュールを確認するためにご活用ください。具体的な対応については、社労士にご相談ください。 リーフレットをご覧ください...

続きを見る

2020年1月6日から
ハローワークのサービスが充実します!

2020年1月6日に、ハローワークのシステムとハローワークインターネットサービスが新しくなります。  ポイント1:「求人者マイページ」で、会社のパソコンから求人の申し込みができます!  ポイント2:新しい求人票で、より詳細な情報を求職者に提供できるようになります! 詳細はリーフレットをご参照ください。   リーフレットはこちら...

続きを見る

中小企業事業主の皆さま
テレワークを導入してみませんか?
~助成金の交付申請受付は12月2日まで~ 

テレワークはパソコンやインターネットを利用して、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。「ワーク・ライフ・バランスの向上」「優秀な人材の確保」「災害などにより出社困難な時の事業継続」など、さまざまなメリットがあります。 厚生労働省の「時間外労働等改善助成金(テレワークコース)」は、中小企業事業主に助成金(上限150万円)を支給し、テレワークの導入を支援するものです。 助成金の制度...

続きを見る

「令和元年版 労働経済の分析」公表
~人手不足の下での『働き方』をめぐる課題について~

厚生労働省は、閣議で「令和元年版労働経済の分析」(以下、「労働経済白書」)を報告し公表しました。 昨今の人手不足感の高まりが、「長時間労働やそれに伴うストレス・疲労の蓄積」など働きやすさや働きがいに与える負の影響を強めていると考えられており、労働環境の整備推進が重要であるとされています。 このような問題意識から今回の「労働経済白書」では、人手不足下における「働き方」について「働きやすさ」と...

続きを見る

毎年11月は「過労死等防止啓発月間」です
同月間に「過重労働解消キャンペーン」が実施されます

厚生労働省では、11月の「過労死等防止啓発月間」の一環として、 「過重労働解消キャンペーン」を実施します。 主な実施事項は次のとおりです。 1. 労使の主体的な取組の促進 2.労働局長によるベストプラクティス企業への職場訪問と紹介 3.過重労働が行われている事業場などへの重点監督 4.電話相談の実施 5.キャンペーンの趣旨などについて周知・啓発 6.過重労働解消のため...

続きを見る