神奈川県秦野市平沢557番地
0463-82-4584
国道246号線沿

メニュー

TOP > ニュース

ニュース

【新型コロナ】雇用調整助成金の助成率の引上げについて

中小企業が解雇等を行わずに休業等を行った場合の雇用調整助成金の助成率を特例的に10/10まで引き上げ、令和2年4月8日以降の休業等に遡及適用することが公表されました。 リーフレットはこちら...

続きを見る

【新型コロナ】事業者の皆様への支援策

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける支援策について、資金繰り、設備投資・販路開拓、経営環境の整備の観点によりまとめられたパンプレットが経済産業省ホームページに掲載されております。 パンフレットはこちら...

続きを見る

【新型コロナ】持続化給付金について

新型コロナウイルス感染症拡大により特に厳しい状況にある事業者に対して支給する「持続化給付金」について、経済産業省より申請要領が発表されました。 オンラインでの申請により早期の給付が可能となっています。 中小法人等事業者向け要領はこちら 個人事業者等向け要領はこちら...

続きを見る

子ども・子育て拠出金率が改定されました

令和2年4月分より厚生年金保険子ども・子育て拠出金率が1,000分の3.4(0.34%)から1,000分の3.6(0.36%)に改定されました。 子ども・子育て拠出金は児童手当の支給に要する費用等の一部として、事業主の方に負担いただいています。...

続きを見る

【新型コロナ】緊急経済対策による税制措置について

新型コロナウイルス感染症の影響により経済的に厳しい状況に置かれている納税者に対し、緊急に税制上の措置が講ぜられること となりました。 措置の内容として、収入が大幅に減少している事業者の国税、地方税、社会保険料等の納付猶予、固定資産税の軽減、欠損金の 繰り戻し還付の適用などが発表されています。 措置のポイントについてはこちら...

続きを見る

【新型コロナ】変形労働時間制の労使協定の変更や解約が認められます

1年単位の変形労働時間制は業務の繁閑に計画的に対応するための制度で、本来対象期間の途中であらかじめ定められた労働日や労働時間を変更したり労使協定を解約することはできません。 しかし新型コロナウイルスの影響により当初の計画どおり変形労働時間制を実施することが著しく困難となる場合は、特例的に変形労働時間制の途中での労働日や労働時間の変更や労使協定の解約も可能とされ届出を行うことが認められました。 ...

続きを見る

【新型コロナ】資金繰りが不安な方への支援策

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者への資金繰り支援策として、政府系金融機関による融資・保証があります。 経済産業省HPに内容一覧が掲載されておりますのでごらんください。 一覧表はこちら...

続きを見る

未払賃金が請求できる期間が延長されます

本年4月1日より労働基準法が一部改正され、労働者から未払賃金を請求できる期間が今までの2年から当分の間3年に延長されることとなりました。 2020年4月以降支払われる賃金について適用となります。 詳しくはこちら...

続きを見る

【新型コロナ】持続化給付金について

新型コロナウイルス感染症拡大により、特に厳しい状況にある事業者に対して支給する「持続化給付金」について経済産業省より概要が発表されました。 この給付金は新型コロナウイルスの影響で事業収入が前年同月比50%以上減少している中小企業等に対し法人の場合は最大200万円、個人の場合には最大100万円の現金給付を行うものです。 詳しくはこちら...

続きを見る

【新型コロナ】厚生年金保険料の納付猶予制度について

新型コロナウイルスの影響により事業所の経営状況等に影響があり、一時的に厚生年金保険料等を納付することが困難な場合は、事業主の方からの申請に基づき保険料を分割納付できる仕組みがあります。 また事業所の財産に相当な損失を受けた場合等個別の事情がある場合は、保険料納付の猶予制度もあります。 詳しくはこちら...

続きを見る