神奈川県秦野市平沢557番地
0463-82-4584
国道246号線沿

メニュー

TOP > ニュース

ニュース

2019年4月1日から
「新たな外国人材」受入れ制度が始まります!

入管法の改正により、新しい在留資格「特定技能」が創設されました。「特定技能」とはどんな在留資格で、どのように運用されていくのでしょうか?法務省が公開したわかりやすい図解資料を見てみましょう。 公開資料はこちら...

続きを見る

平成31年3月分からの
健康保険料率、介護保険料率が決まりました

平成31年3月分から改定される、協会けんぽの健康保険料率・介護保険料率による「保険料額表」が、協会けんぽから公表されました。適用の時期は、3月分(4月納付分)からです。 給与計算の際には、忘れずに保険料の変更をしましょう。 保険料額表はこちらから...

続きを見る

36協定を締結するときには注意しましょう
~時間外労働の上限規制について~

働き方改革の一環として、時間外労働の上限が法律に規定されました。 時間外労働をさせるために必要なもの(36協定)や、留意しなければならないこと(時間外労働の上限規制)などを確認しましょう。 わかりやすい解説はこちら...

続きを見る

大学生の就職内定率は過去最高
~平成30年度の就職内定状況 ~

厚生労働省と文部科学省が公表した平成31年3月大学等卒業予定者の就職内定状況によると、平成30年12月1日現在の大学生の就職内定率は87.9%(前年同期比1.9ポイント上昇)と、平成9年3月卒の調査開始以降、同時期で過去最高となったことがわかりました。 詳細はこちら...

続きを見る

「外国人雇用状況」の届出状況【概要版】が公表されました

厚生労働省は、平成30年10月末現在の外国人雇用についての届出状況を取りまとめ、公表しました。 平成29年に比べ、21,753 か所 (11.2 %)、181,793 人(14.2 %)の増加 となり、過去最高の数値を更新しました 。外国人労働者数が増加した要因としては、高度人材や留学生、技能実習生の受け入れが進んでいること、「永住者」や「日本人の配偶者」等の身分に基づく在留資格の方々の就労が進...

続きを見る

毎月勤労統計調査に係る
雇用保険、労災保険等の追加給付について

厚生労働省は、「毎月勤労統計調査」を不適切な手法で集計していた問題に関し、厚生労働省ホームページで「毎月勤労統計調査に係る雇用保険、労災保険等の追加給付について」を公表しました。 平成16年以降、必要となる時期にさかのぼって追加給付を行うとしています。 また、給付開始時期の目安や、各問合せ窓口、給付に関する情報などを掲載しています。 詳細はこちら...

続きを見る

 もうすぐ有期契約労働者の契約更新時期です
「無期転換ルール」への対応について、今一度確認をしましょう!

有期労働契約で働く方が、無期労働契約への転換を申し込むことができる「無期転換ルール」が、2018年4月から本格的にスタートしています。 無期転換の申込みがあった場合、例えば、現在の契約期間が3月末までであれば、今年の4月1日から無期労働契約になります。 「無期転換ルール」の概要や導入事例、Q&A、相談窓口などが掲載されている厚生労働省のポータルサイトを利用しましょう。 「無期転換ルール」...

続きを見る

「パートタイム・有期雇用労働法」が2020年4月1日施行されます。「取組手順書」を掲載しました。

同一労働同一賃金への対応に向けて、法施行までに改定の準備を進めましょう。 いわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。 不合理な待遇差の解消の取組を通じて、多様な働き方を自由に選択できるようにします。 取組手順書はこちら...

続きを見る

「同一労働同一賃金ガイドライン」が発表されました

このガイドラインは、労働政策審議会における議論を経て、最終的に確定されたものです。 いわゆる正規雇用労働者と非正規雇用労働者との間で、待遇差が存在する場合に、いかなる待遇差が不合理なものであり、いかなる待遇差は不合理なものでないのか、原則となる考え方と具体例を示しています。 「同一労働同一賃金ガイドライン」はこちら...

続きを見る

「毎月勤労統計」で不適切であった調査に係る雇用保険、労災保険等の追加給付がされます

平成16年以降に雇用保険、労災保険、船員保険の給付を受給した方の一部及び雇用調整助成金など事業主向け助成金を受けた事業主の一部に対し、追加給付が実施されます。 詳細は厚生労働省のページをご確認ください...

続きを見る